読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士生活@町田市

町田市の税理士が税理士の日常生活を赤裸々に!

税理士による無料申告相談

正式名称(?)は、「税理士による所得税(復興特別所得税)及び消費税の無料申告相談」。

2月8日の南市民センター(町田市金森4-5-6)税理士サイドの責任者は、私です・・・

受付時間は9:30~11:30と13:00~15:30となっていますが、8:00頃から相談者が待っている状況です。嫌な予感を抱えながら30分はやく9:00にスタートしました。

私達を民間の税理士だと知らずに税務署職員か何かと思って来場される方もいます。

待ち時間が長くてイライラする相談者もたくさんいます。

なんとか待ち時間をすくなくスムーズに運営できるよう頑張るのですが、いかんせん、税理士9名で150人以上の相談者に対応するのは無理がある・・・
しかも税理士9名のうち2人は運営にまわり相談対応できるのは7名のみです。

税理士サイドは、税金を徴収したくて相談会をしているのではなく、申告書の書き方がわからない方向けに税理士会活動の一環として相談会を開催している、自分たちの業務を投げ出して社会活動として開催している、申告納税制度を・・・など色々言いたいことはありますが、長い時間、税金のために時間を費やす納税者のことを考えるとそんな思いは胸の中にしまって淡々とこなしました。

10:00で100人オーバー、この時点で「午前中の受付終了」としたものの11:00で150人オーバー…これはマズイ!仕方なくクレーム覚悟で「本日の受付終了」とアナウンス。それでも「今日中!」という人を受け入れて、194番まで受付票を出しました。集計すると、177人の相談・提出を受付ていたので17人は待ちきれずに帰ったことになります。これに事情を説明して帰ってもらった人を入れると少なくとも30人に諦めてもらったことになります。

f:id:facc:20160209100407j:image

2月5日に藤沢税務署に寄った際には、「申告相談 待ち時間 180分」という看板が出ていました。ディズニーランドで「待ち時間 180分」とあったらパスしますよね。納税者の方々は、それでも待つ。いや待たなければならない。そんな事情がある納税者に税理士の言い分が通るはずがありません。税務署職員と間違われようが何しようが、可能な限り精一杯やるしかありません。 

それにしても、いや〜、疲れ果てました。普段は叱られ慣れていないので、辛い1日でした。平身低頭、丁寧に謝り続け、なんとかなりました。

最後は、休憩もとらず相談し続けてくれた先生方にお礼をして、副責任者の美魔女税理士と集計作業。町田税務署へ申告書等を引き渡し終了。

万葉の湯で休憩して家路に…