読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税理士生活@町田市

町田市の税理士が税理士の日常生活を赤裸々に!

町田異業種交流会NEO(2月)

昨日は、1月に引き続き町田異業種交流会NEOに参加しました。

毎月第2木曜日(19:00~22:00)に「炉のだいどころ 田」で開催されており、会費は3,000円です。

町リンク(町田異業種交流会)の後を引き継いだ、有志による異業種交流会で毎回10名程度(女性は3割程度)が参加し、お酒を飲みながら仕事やプライベートの話などに花を咲かせています。

交流会について私見を述べさせていただくと、私(私の業界)は、名刺を交換するだけの交流会は時間の無駄だと思います。交流会に参加してみようという動機が「事業拡大」というのは当然だと思いますが、我々の業界は他人の財布の中身を丸裸にする業界です。名刺交換をしただけの税理士に財布の中身をみせますか?

あるフリーの女性作家さんに、「裸を見せるよりはずかしい・・・」と言われたことがあります。それくらいの内容を知るのが税理士です。それくらい信頼関係が大切な職業だと思っています。飲み会の席でも「○○は儲かっている!」などということは口が裂けても言えません。

逆に言うと、財布の中身まで知られている相手だからこそ何でも相談してくれるのです。他士業との大きな違いは、「関与度」というか「会う回数」だと思います。例えば、弁護士さんに依頼するのって、何か問題が生じたときだけですよね。しかし、税理士には毎月毎月その内容を伝えます。必然的に、頻繁に顔を会わすからこそ、税務会計以外の相談事も聞いてしまいます。

事業主は孤独」、「相談相手がいない」、ということはよく聞く言葉です。その辺もひっくるめて関与する!相談にのる!問題解決する!そんな税理士でありたいと思います。

ちなみに、私は、交流会で営業しません。上記のような理由で、初めて会った人に営業しても無駄だと思っていますし、町田異業種交流会NEOについてのみ言えば、営業するより、懇意にさせていただいている人たちと飲んで、日頃貯まったストレスを発散する場だと思っているからです(笑)。交流会では、色々な人と出会うことができます。通常の人生では出会えなかったであろう人とも出会えます。そんな人たちと会話するのはとても楽しいです。

---

参加した社長さんの車(BMW X6 M)の隣のコインパーキング

f:id:facc:20160205165818p:plain

終了後は、運転代行を呼んで帰って行きました。こんな車の代行は緊張するだろうな~